マーマこととも保育園もりやま

園内紹介

マーマニュース

お散歩バック

こんにちは、
2歳児ほし組のみさこです。

舞い散る枯葉や冷たい風に、
本格的な冬の訪れを
感じる季節になりました。

そんな中でも
園庭あそびをしたり、
公園へお散歩に出かけたりして
元気いっぱいの子どもたちです。

公園での楽しみのひとつに
木の実ひろいがあります。

まずは、
チャック付きのビニール袋に
楽しくお絵かき。

初めて使う油性ペンに
ドキドキしながら
みんな思い思いに
絵を描いていきました。

写真①

ひもをつけ、
自分のマークを付けて完成。

「あのかばんは いつつかえるの?」
「はやくどんぐりひろいたい!」

子どもたちのワクワクも
どんどん大きくなっていきました。

いざ お散歩。
公園に到着して
首にお散歩バックを
かけてあげると、
どの子も
自分だけのお散歩バッグに
目をキラキラ輝かせていました。

一つ一つの木の実を
大事そうに入れる子、
脇目も振らずに黙々と
袋いっぱいまでひろう子、
友だち同士で
「これおおきいよ」
「たくさんひろったよ」
「ねえね(姉)にあげたいな」など
会話も弾みながら、
楽しい木のひろいとなりました。

写真②

写真③

子どもたちにとって
公園の木の実一つも大事な宝物。

それを持ち、満足そうな顔で
公園から帰る姿を見て、
「お散歩バックを
 みんなで作ってよかったな」
と思いました。

持ち帰った木の実は、
帰りにお子さんと親御さんとで
相談して
持ち帰ってもらっています。

余談になります…。
ご存知の方も多いと思いますが、
持ち帰られたどんぐりは
中に虫がいる可能性もあります。
虫対策をしてくださいね。

・5分~10分程度お湯の中で茹でる。
(お鍋を汚さないようにご注意を)
・冷凍庫で一週間保存する 
…などの方法があります。

さらに
余った木の実は
園庭で使って遊んでいます。

砂場では、
ご飯にしたり、
ケーキやプリンの
飾りつけにしてみたりして
子どもたちは楽しんでいます。

写真④

写真⑤

中には、
足で少しどんぐりを潰して
固い皮をむき、
「ぐりとぐらのクリームをつくるね」と
絵本を真似て遊ぶ姿もあり、
お話の世界にも
つながっていきました。

築山では、木の柵一本一本に
どんぐりを並べ、
「いらっしゃいませ」と
お店屋さんごっこがはじまると
「ひとつください」と
買い物にくる子もいて、
お友だちとのやり取りも
とても楽しそうです。

子どもたちが
木の実を使って、
どんどんと広がっていく楽しい発想に
驚きや感動の毎日です。

これからも
季節をたくさん感じられる遊びに
つなげていけるよう、
日々の保育を工夫しながら
子どもたちと
楽しく過ごしていきたいと思います。

ページのトップに戻る