マーマこととも保育園もりやま

  1. HOME
  2. はぐみのブログ一覧
  3. ファミリーデー 陶芸をやったよ

園内紹介

マーマニュース

ファミリーデー 陶芸をやったよ

園長のさとみです。

私は今から20年ほど前に、
陶芸のお稽古に行っていました。

「お稽古」とは言っても
好きなように作らせてくれて、
土を触っているだけで
心が落ち着くのを
今でも覚えています。

そこで、
今回のファミリーデーは
砂遊びも大好きな子どもたちに
「陶芸」にチャレンジしてもらいました。

写真①-1

写真②-1

2歳児・ほし組、3歳児・そら組は
大好きな家族のために
「ファミリーデー」にむけて陶芸をやりました。

5月に製作をして、
忘れた頃に完成した作品を見て、
びっくりしている子どもたち。

手形をとった子どもたちは、
自分の作品にそっと手をのせて、
作った時のことを思い出したのか?
「いっしょだよ」と言っていました。

写真③-1

陶芸家の具志堅邦子先生に来ていただき、
まずは、赤土をコネコネ。

「冷たいねぇ」

「やわらかいよ」

思わず笑顔がこぼれます。

2歳児は
赤土の感触を思う存分楽しんでから、
陶板に「えぃ」と、手形を押しました。

押した後、
不思議そうに自分の手と陶板とを
見比べていました。

写真④-1

3歳児は
木の実・貝殻・はっかくなどの素材で
陶板に型押しを楽しみました。

写真⑤

最初のうちは、
恐る恐る素材を置いていた子どもたちも
徐々にダイナミックになっていきました。

ファミリーデーに
「ほんものを」プレゼントして、
大きくなった時も思い出せるといいなと思いました。

そして、子どもたちが
「ほんものを知る」ことができる
きっかけになるよう、願っています。

ページのトップに戻る