マーマこととも保育園もりやま

  1. HOME
  2. はぐみのブログ一覧
  3. 安らぎの絵本の世界

園内紹介

マーマニュース

安らぎの絵本の世界

こんにちは。
にじ組担任のなほこです。

寒い冬がもう終わり、
暖かい春の足音がきこえて来ます。

にじ組の子どもたちも、
「もうすぐほし組さんになる」という希望を持ち、
春の訪れを心待ちにしています。

保育室の中では、今、
子どもたちが熱心に
絵本を読む姿が見受けられます。

絵本の世界には、
至る所に心を和ませてくれるような、
温かいメッセージが込められています。

毎日の保育の中で、
保育者の膝の中で読む絵本が
子どもたちに与えて来た影響は
計り知れません。

image1

image3

子どもたちは毎朝、登園して来ると
自分の読みたい絵本を指差して、
「一緒に読んで!」と笑顔で
メッセージを送って来ます。

子どもたちが手に取りやすい大きさに
ラミネートされた絵本を片手に
お友だちと読み合う姿も
よく見受けられます。

子どもたちと絵本を読みあっていると、
ふと、自分が子どもだった当時に味わった
本の中の色や線やかたち、感動を
思い起こす時があります。

自分が読書をしている時とは違う
ほんわりゆったりとした気持ちにさせられるのです。

それは子どもたちが小さい頃にしか一緒に味わえない
神さまからの贈り物のような時間です。

そんな子ども達に今人気の本は、

image2

あおむしが、沢山の食べ物を口にしながら大きくなり、
サナギから美しい蝶に羽化していく様子を
美しく描いた「はらぺこあおむし」です。

♫げつようび〜、りんごをひとつたべました♫と、
保育者がフレーズを口ずさむと
子どもたちが身体を揺らしながら、
♫かようび〜、なしをふたつたべました♫と
可愛く応えてくれます。

何度も繰り返し読んでいるので、
おはなしの内容もすっかり覚えていて、
読み合う心地良さを
みんなで感じることができる瞬間です。

遊びの時間、
壁際にみんなが
読みたい絵本を手に取り、
仲良くおしゃべりしている姿も
見受けられます。

image3

絵本を通じて、子どもと一緒に過ごす時間は
子どもにとっても親御さんにとっても
とても居心地いいものだと思います。

子育て中は
とてもお忙しいとは思いますが、
大好きなお母さんやお父さん、
時にはおじいちゃんおばあちゃんたちと
一緒に読む絵本は
子どもたちにとっては格別で、
情緒の安定にもつながることと思います。

image4

「今日、どんな絵本を読んだの?」と
ひとこと声をかけながら、
親子のコミュニケーションの
きっかけにしてみませんか?

時には図書館や本屋に赴き、
絵本の世界にどっぷり浸かってみませんか?

子ども一緒に感動したり 、
笑顔になったり、時には涙を流したりして、
限られた子育ての時間を、
楽しんでいただきたいと思います。

image5

ページのトップに戻る