マーマこととも保育園もりやま

  1. HOME
  2. はぐみのブログ一覧
  3. 楽しい時間は、おいしいへ

園内紹介

マーマニュース

楽しい時間は、おいしいへ

こんにちは、
調理担当のたかいです。

寒く乾燥した日が続き、
インフルエンザが
猛威を振るっていますが
みなさんは大丈夫でしょうか?

はぐみのにもそろそろくるのでは・・
と思っていますが、
そんな心配も何のその。
子どもたちは元気に過ごしています。

今年度も残すところあと少し、
保育園は来年度の準備などで
慌しくなる時期ですが、
同時に子どもたちの成長を
たくさん感じる時期でもあります。

私たち職員達の間でも
「一年前はこうだったね・・」とか
「いつの間にこんなことが
できるようになったの!」と
驚きと喜びの会話が飛び交います。

調理師の私は、
日々の食事やおやつの時間を通じて
子どもたちの成長を
実感することができます。

どのクラスも食べる量が増えたこと。
みんな身体が成長している証です。
単に食べる量が増えただけでなく、
「苦手な子が多くて・・」と
残りがちだった献立も
みんなよく食べるようになっています。
本当にうれしく思います。

苦手や嫌いは経験値によって
なくなると言われています。

子どもたちもいろいろな食材を
いろいろな味付け、調理法で
食べてみることによって
少しずつ苦手がなくなっているのかなと
感じています。

子どもたちとともに食を楽しんでいきたいと
始めたことをいくつか紹介したいと思います。

おやつの定番ホットケーキを
お部屋で焼いてみました。

写真1

お昼寝から目が覚めて、
いいにおいのする方へ
集まってくる子どもたち。

「ほら見て!
ふっくらこんがり焼けてきたよ~」と
張り切ってしまいます。

もちろん、この日は
いつもよりたくさん食べた子どもたちでした。

各お部屋で、子どもたちの目の前で、
形のリクエストにこたえてにぎる
「出張おにぎり」。

これは私も子どもたちも
楽しくて楽しくて。
みんな早く
自分のおにぎりをにぎって欲しくて
待ちきれない気持ちが伝わってきます。

写真2

これですっかり私の顔も覚えてくれたかな・・。
そら組さんはすっかりお兄さんお姉さん。
出張おにぎりではなく自分たちでにぎり、
海苔もつけて食べています。
秋から始めたのですが
とても上手になりました。

写真3-1

最近では、給食で出る和え物を
子どもたちの目の前で和えたりしています。

和え物に混ぜる昆布や海苔などを
味見してみるのですが、
みんな興味津々。

いざ、その和え物を食べる時になると、
「さっきのキャベツだよね」とか
「味見した昆布が入ってた!」と
話がはずんだそうです。

1月からそら組さんが始めたピーマンの種取り。

写真4

朝の遊びの時間に、
「やりたい子がやってね」とお願いしています。
「みんなが取ってくれたから
すごく助かった、ありがとう」と言うと
なんだか誇らしげな子どもたち。

大きくなったな・・と感激の瞬間です。

こんなことをしながら
子どもたちの成長を感じ、
楽しい時間を過ごしています。

今回の丸窓の1枚。
写真5

日々元気をもらいながら
おいしい給食作りをしていきます。

ページのトップに戻る