マーマこととも保育園もりやま

園内紹介

マーマニュース

いもほり

こんにちは。
フリーのゆかです。

子どもたちが安全に快適に
毎日が過ごせるように
お手伝いさせていただいています。

11月になり、
朝晩がより冷え込んできましたが、
日中はぽかぽか陽気の日も多く、
過ごしやすいですね。

しかし、
10月25日に予定していた
さつまいもほりは雨で延期に…。

延期が決定した日、
そらぐみの子どもたちが
「おおきなおおきなおいも」
という本のフレーズ、

「あめがふってはしかたありませんね。
 1しゅうかんのばしましょう」を
覚えていたことをきっかけに、
本に登場する「いもザウルス」を
作ることになりました。

大きな白い紙に絵の具を塗り、
葉っぱやさつまいものつるで飾り付け。

絵の具で色を作る時は、
「もうちょっと青」「茶色も!」という
子どもたちの声を取り入れてみたら
いい感じに。

葉っぱは身体に貼って服のようにし、
子どもたちの中では
いもザウルスは「お母さん」らしく、
女の子ということで、
さつまいものつるでスカートを作りました。

飾りつけがどんどん進む中で、
子どもたちの想像は広がり、
本には出てきませんが、
「あかちゃんザウルス」も登場しました。

「いもザウルスみたいなおいも、でてくるかな?」と
さつまいもほりが
より楽しみになっているようでした。

そして、11月1日は
待ちに待ったさつまいもほりです。

「でてきた!」「ぬけるかな?」と
力を合わせてほる
そらぐみとほしぐみの子どもたち。

ほしぐみの子が
抜けなくて困っていると、
手伝ってくれる
そらぐみの子もいました。

さつまいもほりが終わって、
「たのしかったー!」と言う
子どもたちの笑顔は
とても素敵でした。

きっといもザウルスも
「たくさんとれて良かったね」と
喜んでいると思います。

ページのトップに戻る