マーマこととも保育園もりやま

  1. HOME
  2. はぐみのブログ一覧
  3. うんとこしょ どっこいしょ

園内紹介

マーマニュース

うんとこしょ どっこいしょ

主任のさとみです。

先日、3歳児(そら組)が
玉ねぎの収穫をしました。
保育室から見ていて、
ぐんぐん大きくなる玉ねぎを
見ていた子どもたち。

さあ、1人ずつ収穫!

保育室から2歳児(ほし組)が
「がんばって!」と応援してくれています。

写真①-1

さあ、
「うんとこしょ どっこいしょ」
あれ?玉ねぎは簡単には抜けません。
はじめはすっぽんと抜けるかと思っていたので
応援団も白熱。

「がんばれ!がんばれ!」

写真②-1

どんどん玉ねぎの葉っぱの部分が
短くなっていく・・・。
大きなかぶのごとく、
「まみさーん」と保育者を呼んで
再び、
「うんとこしょ どっこいしょ」

写真③-1

「やったぁ」
「たまねぎだぁ」と
改めて玉ねぎ抜きをしていることを
実感している子どもたち。

まじまじと玉ねぎの根っこを見ていました。

スーパーで売っている玉ねぎと違って
土の中でしっかり育っていて、
玉ねぎの上には緑のネギ?のようなものがあって。

大人である私も知っているつもりで、
実はよく見ていなかったなぁと感じました。

改めて、玉ねぎって
こういう風になっていて
初めから茶色い皮ではない!
そして、緑の葉っぱはネギ臭い。
五感をフルに活用して
玉ねぎを実感しました。

さて、後日、
応援をがんばり、
憧れで胸いっぱいの2歳児(ほし組)も
玉ねぎを抜きました。

実は、2歳児の中には
「自分たちも体操服を着たら、玉ねぎ収穫できる」
と、考えて、
そら組さんがタマネギ収穫をした次の日、
朝から体操服を着てくる子もいたほど。

写真④-1

まずは、一人ずつチャレンジ。
「うんとこしょ どっこいしょ」
それでも、玉ねぎは抜けません。

最後は、みんなで力を合わせて
「うんとこしょ どっこしょ」
むぎゅむぎゅ〜〜〜、ぽん!

子どもたちは
「わーーーい」と
飛び上がって喜んでいました。

ひとつ大きいクラスの
お友だちがやっていたのを
じっと見ていたので、
全身でやってみて喜ぶ
子どもたちの姿は
キラキラしていました。

さあ、はぐみの農園?では
もうすぐ「プチトマト」が実りそうです。
赤くなって気付くかな~楽しみです。

写真⑤

ページのトップに戻る