マーマこととも保育園もりやま

  1. HOME
  2. しかやまのブログ一覧
  3. ”おたからまんちん”との約束の遠足

園内紹介

マーマニュース

”おたからまんちん”との約束の遠足

こんにちは。

るり・やまぶきぐみの岩尾です。

先日、11月6日に
あかねさん、やまぶきさん、るりさんは
遠足で新海池公園に行きました。

普段からみんなが大好きな、
絵本「めっきら もっきら どぉんどん」を
読んでいたのですが、

「ちんぷく まんぷく あっぺらこの
 きんぴらこ じょんがらぴこたこ
 めっきらもっきら どぉんどん」

と、絵本の中のむちゃくちゃな歌を
みんなで歌っているうちに絵本の世界を楽しんで、
絵本に登場する神木を積み木でつくったり、
LaQで”おたからまんちん”のお宝をつくったり、
”しっかかもっかか”の風呂敷をつくったりと
想像力を高めながら、あそびこんでいました。

そして、ある時、
子どもたちが
「絵本に登場するおばけたちに
 お手紙を書きたい!」と言い、
お手紙を書きました。

すると、なんとビックリすることに
絵本の世界の”おたからまんちん”から
こととも保育園のみんなへ
お手紙のお返事が届いたのです!

まさかの事態に子どもたちは
大はしゃぎで嬉しくてたまりません。

「お手紙ありがとう。
 いつもみんなが歌ってる歌が聞こえてくるよ。
 お宝交換をしようよ!」
との内容でした。

”おたからまんちん”と
お宝交換をすることを楽しみに
みんな、手作りで
ペッドボトルのキャップや画用紙で、
喜んでくれるように心を込めて
お宝をつくりました!

そして、いよいよ遠足当日です!!

お宝交換をするために
「おたからまんちんいるかなー?」
と新海池公園の森の中を
あかね、やまぶき、るり
合同のグループに別れて
ドキドキ、ワクワク
探検しながら探します!

グループでは
るりさんがあかねさんと手を繋ぎ、
優しく寄り添ってくれています。

森の中で大きな丸太を見つけると
みんなで丸太にまたがって
「こんやはうれしやともだちや〜」と
歌いながら、
絵本の中で”かんたたち”があそんでいるように
なりきって楽しんでいます。

そして、
森の奥に進んでいくと、
「あーーー!見つけたよーーー!」
と歓声が!
そこには手紙と
お使いカードがありました!

みんなで集まってお手紙を読んで、
グループごとで、おつかいミッションに!

森の中で
帽子のついてるドングリや、
緑、黄色の落ち葉を
みんなで協力して集めました。

集め終えると
みんなが事前につくっていたお宝と一緒に
木の穴ぼこに置いておきました。

「隠れて見てたら、
 おたからまんちんに会えるかなー?」

なんて考えて、
こっそり森の茂みに隠れて
様子を見ている子もいましたが、
なかなか姿はみられず。

ちょうどお腹も空いてきたので、
お昼ご飯にすることに!

みんなで外で食べるお弁当は
一段と美味しく感じますね。

お母さん、お父さんにつくってもらった
愛情たっぷりのお弁当にとっても喜び、
ニッコニコの笑顔で食べていましたよ!

お腹もいっぱいになると
芝の上で寝そべって
お昼寝をしている子も!
ゆったり過ごせて、
気持ちよさそうでした。

お弁当を食べ終わった後に
木を見に行くと…。

なんと、”おたからまんちん”から
風呂敷に包まれた宝物のプレゼントが!

「おうちに帰ってから中を見るように」と、
”おたからまんちん”との約束をしっかり守り、
早く中身を見たい気持ちをぐっと我慢して
とっても大事そうに鞄にしまっていました。

次の日の保育園では
みんな笑顔で
「可愛い綺麗な玉もらったよー」
「僕のは海が見えたよー」と
もらったプレゼントの話をしている
子どもたちでした。

この「めっきらもっきら どぉんどん」の絵本が
私含めて子どもたちみんな大好きで、
みんなページを見るだけで
内容を言えてしまうほどに。

るりさんがやまぶきさんへと
絵本の読み合いをしている
場面もありました。

ファンタジーの世界に入って
とっても楽しんでいた子どもたち。

絵本を通して、想像力や考える力が
成長しているように感じます。

これからの子どもたちの成長が
とっても楽しみです。

ページのトップに戻る