マーマこととも保育園もりやま

  1. HOME
  2. しかやまのブログ一覧
  3. お兄さん、お姉さんと過ごす園庭で

園内紹介

マーマニュース

お兄さん、お姉さんと過ごす園庭で

照りつけるお日さまの下で
プールの水しぶきの中にいたのは、
ついこの間だったはずですが、
朝晩の冷え込みからは
すっかり秋を感じるようになりました。

こんにちは。
2歳児もも組の荒川です。

もも組さんは秋を感じたいなと
園庭にむかいます。
ゆっくりと転ばないように
1歩ずつ階段を降り、園庭に出ると、
目はキラキラと輝きだし、
自分のしたいことのある場所へ
一目散に駆けていきます!

「虫探し」が大好きな子がたくさんいます。
虫がいるかな?と、
大きな木の下に入ってみると、
ごつごつした幹の肌をじーっと見て
「虫みたい…」と観察。
手で触って確かめます。
でも、どうやらこれは虫ではない様子。

タモを手にして
木の近くへ行ってみるものの、
どこにどんな虫がいるのかわからなくて
戸惑っているもも組さん。

園庭では幼児クラスのみんなと
一緒に過ごすことができ、
そんな時、お兄さん、お姉さんたちは
そっと知恵と力を貸してくれます。

「植木鉢の下を見てみようよ!」
「タモに入った虫は
 網の外から手でつかむといいよ。」

上手に虫を捕まえてくれる
お兄さんたちの話を
じっと聞いています。

「この虫は毒をもってないから
 さわれるよ。」

そう教えてもらうと、
ドキドキしながら
手のひらに置いてみます。
できたー!さわれたよ!

春夏に飛んでいた
モンシロチョウやモンキチョウ、
少し前にテラスに舞い込んできた
トンボはもういない様子。

でも、
お兄さん、お姉さんたちのおかげで、
いろいろな幼虫やダンゴムシに会えました。

また、砂場では深くまで掘ると
出てくる湿った砂で
大きなお山をつくることもできると
教えてくれました。

スコップでいっしょにとんとんとん。
すると、固いお山ができた!
横からそうっと穴を掘って
トンネルつくろう!

砂って、いろんな形になるんだね。
いっしょに大きなものをつくるのって
楽しいね。

大きなお兄さん、お姉さんたちを前に
どこか緊張ぎみだったもも組さん。
でも、空の下ではちがいます。

やりたいあそびをやさしく
教えてくれるお友だちとなり、
とても柔らかい笑顔で
みんなあそんでいました。

自分よりも小さいもも組さんに
そっと寄り添い、
自分のできることを
手伝ってあげたり、
教えてあげたりする
幼児クラスのみんなの
やさしさに触れ、
とても温かい気持ちになります。

そして、
もも組さんもまた、
やさしくしてもらえた記憶が
心や身体に残り、
誰かにやさしくしてあげたいと
受け継いでいくんだろうなと
信じています。

ページのトップに戻る