マーマこととも保育園もりやま

  1. HOME
  2. しかやまのブログ一覧
  3. つながる運動会

園内紹介

マーマニュース

つながる運動会

こんにちは。
るり・やまぶき組担任の岩尾です。

先日、とても天気のいい中、
待ちに待った運動会が行われました!

コロナ禍ということで、
多々制限のある中ではありますが、
日々の子どもたちの姿や頑張りを
ご家族の方にも見て頂きたく、
保護者のみなさまのご協力のもと
開催することができました。
ありがとうございました。

今年の紅白旗は、
赤組は速く走れるようにと
「チーター」を、
白組は強いチームがいいと
「ティラノサウルス」を描きました。

るりさんがみんなで協力して描いていき、
周りにはあかねさん、やまぶきさん、
るりさんみんなの手形が入っています。

周りの緑色の模様は
赤組、白組一緒になっています。
なぜかというと、赤組白組違っても
気持ちはつながっていることを
意味しています。

開会式ではるりさんが前に立ち、
開会の言葉を言い、
プログラム紹介もるりさんを先頭に
やまぶきさんと共に緊張しながらも、
自信をもって行いました。

参加者全員で元気に体操をして
競技スタートです。

玉入れぽんぽん、大玉ころりんでは
お家の方と一緒に楽しめて、
笑顔いっぱいでした。

るりさん、やまぶきさん合同のリレーでは
始まる前から子どもたちが
ドキドキしているのが伝わってきます。
走る順番は、子どもたちで
「どうやったら早く走れるかな?」
「アンカー頑張りたいな!」と
相談し、みんなで決めました。

チーム紹介では一人ひとり堂々と
自分の名前を言えて、
赤組、白組共に応援の気合い入れも
団結していました。

勝ち負けが全てではなく、
仲間を一生懸命応援し、
最後まで諦めずにバトンをつなぐ姿、
とっても感動しました。

次は
るりさんのレッツトライ!です。

まずは、
わらべうた“ なかなかほい”で
リズムを合わせて足を動かします。

園では日常でもわらべうたに親しんでおり、
運動会でも普段のあそびを取り入れて
楽しみました。

はじめは
跳び箱や鉄棒がちょっと苦手だな…と
思っていた子も、
身体を動かすことが心地よくなり、
「できるようになりたい」という気持ちが
芽生えてきました。

最後に、
パラバルーン「希望の歌」です。

はじめは息が全く合わず、
集中できませんでしたが、
るりさんみんなで
「どうしたら心を一つにできるか」を
話し合っていきました。

「去年のるりさんみたいにやりたい!」
「ブリッジやってみたい!」
「花火絶対成功させるぞ!」
と、子どもたちの
やってみたい気持ちを組みとっていきました。

当日は、自分たちで
「みんなで心を一つに頑張るぞ
 えいえいおー!」と円陣を組み、
手を合わせ、団結することができました。

無事、
花火も高く打ち上げることができ、
全員ブリッジも成功できました!

子どもたちの「心をひとつにしたい」という想いが
ひとつにつながった瞬間だったと思います。

この花火で飛ばす15個のボールは
るりさん15人のみんなに見立て、
「一人ひとりの想いが高く飛ぶように」
という気持ちを込めました。

最後の決めポーズも
バッチリですね!

運動会を通して、
仲間意識や団結力が高まり、
みんなと力を合わせたからできた!
みんなと一緒だから
最後まであきらめずに頑張れた!
ということが
子どもたちの自信につながったと思います。

本番だけではなく、
今までの過程も大切にし、
これからの成長につなげていきたいと思います。

るりさん、やまぶきさん、
たくさんの笑顔と感動をありがとう。

ページのトップに戻る