マーマこととも保育園もりやま

園内紹介

マーマニュース

積み木ブーム

日に日に寒さが増していき、
初雪が観測され、
いよいよ本格的な冬の到来です。

こんにちは。
あさぎ組担任の桂本です。

部屋から見たテラスの白い雪を、
ガラスに張り付いて
不思議そうに眺めていました。

そんな子どもたちの
最近のブームは
積み木あそびです。

ある日、Aちゃんが
自分の背丈ほどに積み木を積む
姿がありました。

Aちゃんが
とても高く積んでいる姿を見た
Bちゃんも
“やってみたい”と心が動き、
同じように
高く積みはじめました。

しかし、高くなってくると
ユラユラと揺れだし、
新たに積もうとした瞬間、
倒れてしまいました。

それでも、
何度も続けていくと、
たとえ倒れてしまっても
「もういっかい」と言って
再チャレンジしていました。

友だちの姿に
Bちゃんは刺激され、
“自分もやってみたい”と
いう気持ちが
Bちゃんの挑戦を支えているようです。

1人であそんでいた積み木ですが、
いつしか、友だちといっしょに
1つのものを作る姿も
見られるようになってきました。

友だちといっしょに
思い思いに積んでいき、
素敵なお城のできあがりです!

子どもたちの発想は
とても豊かです。

私たち大人が持つ概念を
はるかに超えて、
自分の頭の中にある
様々なイメージを発揮し、
自由に組み合わせてあそぶ
子どもたちに
何度も驚かされました。

夢中で積む子どもたち。

完成すると「みてみて!」と
満面の笑みで
自分の作ったものを見せてくれました。

友だちと同じように
やってみたいという思いが、
子どもたちの挑戦や
友だちとのかかわりを
広げていると感じます。

そして、私たち大人が
思いつかないような発想で
あそぶ子どもたち。

そんな、
あさぎ組の子どもたちの
自由な感性を、
これからも大切に
育んでいけたらと思っています。

ページのトップに戻る