マーマこととも保育園もりやま

園内紹介

マーマニュース

魔法のつみ木

こんにちは。
7月からほしぐみの補助を
させていただいている
ゆかです。

暑さもようやく一段落し、
秋の気持ちいい風が
感じられるようになりましたね。

最近、ほしぐみでは、
部屋にある小さな長方形のつみ木や
30㎝ほどの流木が、
子どもたちによって
様々なものに変身します。

小さな長方形のつみ木は、
まな板や包丁になったり、

「しゅっしゅっしますよー!」と
手指の消毒液にする子がいたり、

あごの周りで動かして
ひげそりをする子がいたりします。

ひげそりをしていた子は、
しっかり鼻の下まで
ひげをそっていました。

30㎝ほどの流木は料理をする時に
具材をかき混ぜるために使ったり、
家の鍵になったり、
棚や床をきれいにするための
掃除機になったりします。

「あかちゃんなの」と、
やさしくだっこをして、
ごはんを食べさせている子もいました。

大人から見ると普通のつみ木でも、
子どもたちから見たら、
何にでも変身する魔法のつみ木です。

今日は何に見立てて
あそんでいるのだろうと、
わくわくしながら
一緒にあそんでいます。

さて、明日は
何に変身するのでしょう・・・?

ページのトップに戻る